会社情報

社長挨拶

企業が繁栄するには、社員一人一人の能力と熱意は勿論のこと、それ以上に全社全員が「正しい考え方」が出来る人間となることが大切だと考えます。企業は生き物です。業績の良いときもあれば悪いときもあります。好調時には、給与もボーナスも良くすることが可能です。しかし、こうした「物心」の『物』の部分だけで保たれている組織は、一旦逆境に陥ると非常にもろくドライで崩れやすいものです。真の実力とは逆境の時にこそ、姿を現します。本当に力のある企業と成るには、「物心」の『物』ではなく『心』での結びつきがしっかりとしていなければなりません。そうした『心』の結びつきは「正しい考え方」から生じます。では、わが社においての「正しい考え方」とは何であるのか。それを示したものが企業理念に他なりません。我々セントラルグループ全社員は、次に示す企業理念に価値観を共有し結束を高め、安全で快適な生活基盤を創造する担い手として地域社会に貢献してゆきたいと考えております。

阿部伸一郎社長

代表取締役社長 阿部伸一郎

企業理念


【社是】
企業は人なり 人は姿勢なり 姿勢は心なり
【社訓】
一、人・姿勢・心の基本は、挨拶にあると知れ
一、礼儀を正し、前向きで素直たれ
一、信用を第一とし、知恵と工夫と努力で利益を追求せよ
一、反省し改善し進化せよ
【綱領】
我々セントラルグループ全社員は、
企業理念の根幹たる人・姿勢・心を研ぎ、
社業の繁栄を築き、地域の安全で快適な
生活基盤を創造する担い手として、
社会に貢献することを使命とする。

セントラルグループ全社員へ
・・・企業理念の意味するとこと・・・

企業の栄枯は人によって決まる。企業に繁栄をもたらす人とは正しい姿勢を持った者と云えよう。しっかりと挨拶をする、礼儀を正す、前向で素直と云った姿勢が基本であることは云うまでもない。
生産性の向上や事故の撲滅、或いは顧客満足度の充実と云った企業命題もやはり姿勢から始まる。明日の準備を今日済ますと云う姿勢があれば、朝出かける前にガソリンスタンドに立ち寄ると云うことはあり得ない。現場でのトラブルも事前準備、点検不足と云う姿勢に起因することが少なくない。コピー用紙が切れた、FAXが届いても何時間も溜まっているなどと云うことも、正しい姿勢で仕事に取り組んでいればあり得ることではない。顧客あっての商いとの心得と姿勢があれば長髪、茶髪、ひげ、ピアス等々が許されないのは当たり前である。人の姿勢が企業の生産性を左右すると言っても過言ではない。そして、その姿勢を作り出すのは礼儀、規律、素直さ、真面目さ、謙虚さ、と云った心に他ならない。
信用は企業の生命線である。信用を構築するには膨大な時間と努力を要するが、たった一つの出来事で一瞬に崩れうる。よって、全社全員は、常に信用第一と肝に銘じならない。そして、企業には生存権など存在しない。つまり、企業は利益なくして生きられない運命にある。企業が存続できなくなった時、職員や取引先は勿論のこと、社会全般に甚大な迷惑を強いる。即ち、企業の出来うる最大の社会貢献とは、知恵と工夫と努力をもって最大限の利益を追求し存続し繁栄し成長をつづけることである。
 時代は刻々と変化する。その中で我々が繁栄し成長を続ける為には、その変化に対応すべく反省と改善を繰り返し「地域の安全で快適な生活基盤を創造する担い手」たらんとする姿に磨きをかけ、どんな環境下においても地域になくてはならない存在となるべく進化を続けてゆかねばならない。以上が、セントラルグループの企業としての思想であり進むべき方向である。それを簡潔に要約したのが企業理念である。そして、セントラルグループの職員である以上、この理念に忠誠を誓い、それに沿った言動をとる責任と義務があることを忘れてはならない。

会社概要

社  名 カネ九商事株式会社
創  業 1868年
資本金 3,000万円
従業員 19名
事業内容 土木建設資材販売、福祉用具販売・レンタル、介護リフォーム、建設と介護“複業化”事業コンサルティング
取得許可 建設業許可・岐阜県知事許可(一般)第4444号
代  表 代表取締役社長 阿部伸一郎
所在地 【本社】〒509-7201 岐阜県恵那市大井町1202-4 TEL:0573-26-1811 FAX:0573-26-5228
【可児営業所】〒509-0214 岐阜県可児市広見2-43 TEL:0574-63-2953 FAX:0574-63-2945
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 中津川支店  岐阜信用金庫 恵那支店
大垣共立銀行 恵那支店  十六銀行 恵那支店

沿  革

明治元年 初代阿部九市、港屋阿部商店勧業。肥料、飼料、雑穀、燃料、油脂、食品などの販売を始める。
明治20年 名称をカネ九阿部商店と改める
大正8年 阿部銀之助二代目阿部九市を襲名、店主となる
昭和10年 阿部季子朗三代目店主となる
昭和30年 カネ九商事株式会社を設立 資本金を100万円として代表取締役に阿部龍輔就任
昭和44年 資本金を400万円に増資
昭和47年 本社社屋が完成 本社所在地を現在地に変更
昭和49年 建設業許可 岐阜県知事許可(般-49)第4444号 現在(般-22)第4444号
昭和59年 現社屋であるアベニュービル完成
平成7年 資本金を1000万円に増資
平成11年11月 代表取締役社長 阿部伸一郎  代表取締役会長 阿部龍輔
平成13年 ISO14001承認取得
平成18年1月 福祉用具貸与 岐阜県知事指定
平成23年10月 居宅介護支援 岐阜県知事指定
平成26年5月 資本金を3000万円に増資 
1915年(大正4年)撮影写真 昭和初期の送り券 写真
1915年(大正4年)撮影
前列中央 阿部 九市 (初代)
後列右から二人目 阿部 銀之助(二代目・後に九市襲名)
後列左から三人目 阿部 季子郎 (三代目)
<昭和初期の送り券>
肥料、雑穀、小麦粉、砂糖、カラコ、石油を扱っていた
ことが記されています。

カネ九は、明治元年初代阿部九市が恵那市大井町本町に雑貨商を営んだことから始まりました。初代九市の「九」をとって「カネ九」としたようですが、「港屋」「阿部商店」或いはそれらを併用し「カネ九阿部九市商店」「港屋阿部商店」と呼んだという記録も残っております。しかし、残念ながら何時どう名乗ったかという記録はどこを探しても見当たりません。ただ、店の暗号とも言うべき符牒が「港に船が着く」(み・な・と・に・ふ・ね・が・つ・く)であったことが解かっており、恐らく創業当初の名前は港屋ではなかったと想像できます。
九市により雑貨商として始まった家業は、二代目銀之助(後に二代目九市を襲名)、三代目季子郎へと代が引き継がれました。その間に扱う商品も砂糖や小麦粉などの食料品、肥料、石油、農機具販売。一時は亜炭鉱を所有していたこともありました。
そして、昭和30年には四代目として龍輔が家業を引き継ぎ、扱う商品を建材へと一本化いたしました。途中、その建材が元となり生まれたのが中央舗道株式会社、現在のセントラル建設です。

【呼称変更について】

五代目伸一郎となり建材販売を継承しながら平成18年よりライフケア事業部を設立し福祉用具レンタル販売をスタート。その後順調な成長を続け介護用リフォーム、介護のコンサルティングなどの事業が新たに加わり、だんだんと「商事」の名が身体に合わなくなって来ました。
そこで、カネ九商事株式会社は、2009年7月1日より「Kanekuコーポレーション」へと呼称変更することと致しました。
今後、長年築き上げてきた建設の知識を介護分野と融合させた「建設と介護のコラボレーション企業」として地域貢献してゆく所存であります。何卒、新しく生まれ変わった「Kanekuコーポレーション」を今後ともよろしくお願い致します。

アクセスセントラル建設【本社】


大きな地図で見る

グループ企業

セントラル建設株式会社
所在地 〒509-7201 岐阜県恵那市大井町1202-4 TEL:0573-26-4114 FAX:0573-26-4321
取得許可 建設業許可・建設大臣許可(特定)第11426号、産業廃棄物処分業
営業品目 舗装、土木一式、とび・土工、石、鋼構造物、塗装、造園、水道施設工事、建設副産物の受け入れ中間処理業、
各種アスファルト合材、再生アスファルト合材、再生路盤材の製造販売
恵那峡サンド株式会社
所在地 〒509-9132 岐阜県中津川市茄子川中畑112-7
取得許可 河川法および砂利採取法の許可、認可
営業品目 スパイラル分級機1基/アカエ式分級機2基/汚水処理機1基/Dシックナー 300㎥/ベルトコンベアー 1式
工場設備 船:カッター式サンドポンプ船(能力:50㎥/時間・380HP 月産能力:4000㎥)